メイン

きのことケールと大麦のスープ

最近スープばっかりだと、ブログのトップページを見て気づいたわたし。でもこのスープはやっぱり載せたい。

マッシュルームと大麦のスープは、6年前メルボルンに来て最初の冬にインターネットでレシピを探して四苦八苦して作った、少し思い入れがあるもの。友達が「おいしいっ!!」って言ってくれたのがすごくうれしくて、そのあと材料を変えたりして毎年一度は必ず作ってるんだけど、なんでか初めて作ったときのが一番おいしかった。ビギナーズラックだったのか、それとも記憶の中でおいしさがねつ造されているのか。その両方が理由かもしれないけど、あの頃ってマーケットに行っても見たこともない野菜が並んでいて、レシピを見てもイマイチどうなるのかピンと来なくて、だから出来上がったときの感動とか、そこまでの体験とかが相乗しておいしさもひとしおだったのかも。

 

今回は大好きなトスカンケール入りで。もちろんなくてもおいしいんだけど、味にもう一層個性が加わってとてもいい。トスカンケールはいろいろと呼び名があって、黒キャベツとかカバロネロとかとも言って年間通して食べられる馴染みのあるもの。健康のためにスムージーなんかによく使われるけど、料理にも万能でおいしい大変ありがたい存在。

きのことケールと大麦のスープ

Print Recipe
Serves: 3-4 Cooking Time: 30分

Ingredients

  • 玉ねぎ 1個
  • 長ネギ 1/2本
  • セロリ 1本
  • マッシュルーム 300g(茶色い種類がおすすめ)
  • 大麦1/4カップ
  • トスカンケール(黒キャベツ)1/2束
  • 白ワインまたは酒 1/4カップ
  • スープストック 固形で一個分
  • フェンネル(粉末) 小さじ1/2 またはナツメグ 小さじ1/4でも◎ 
  • バターまたはオリーブオイル 適量
  • 塩コショウ 適量
  • 好みでセージ(トッピング用)

Instructions

1

玉ねぎと長ネギ、セロリを炒めてしんなりしたら大麦を加え炒める。

2

白ワインを回し入れ、そこにマッシュルームとケールを入れて全体を混ぜる。

3

水をヒタヒタに注ぎいれ、強火で沸騰させる。

4

沸騰したらアクをすくって火を弱め、固形のストックを入れる。

5

すべての具に火が通ったら火からおろし、ハンドブレンダーまたはフードプロセッサーで好みの触感になるまで混ぜる。

6

好みのスパイスを入れ、塩こしょうで味を整える。

7

セージをトッピングする場合には、フライパンに油を熱し、そこにセージを投入して中弱火で茶色く色づくまで炒める。混ぜずに両面を返して焼くかんじで。

8

最後にセージとオリーブオイルかバターを落として出来上がり。

Notes

粉末のフェンネルが手に入らなかったり苦手であればナツメグを入れてもおいしい。

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply