コラム

王様は。

シドニーにいた頃、あるときどこの新聞だったか覚えていないけど、「オーガニック野菜と農薬を使って育てた野菜との間に味の差がないことが科学的に証明された」という内容の記事がでていた。

「情報」ってほんとに当てにならない。どこからどうゆう力が働いて、どこの科学者がどこの「オーガニック」野菜の何を調べてこの記者に筆をとらせたのかはわからないけど、問題は人によってこの記事を読んで自分の五感を無視して納得しちゃうってことだ。王様は裸じゃないのだと!

オーガニックってひとえに言ってももちろん中身はいろいろで、化学肥料は使わないという前提のもと、大農場で単一作物を育てるやり方もあれば、無肥料でいろんな植物を共存させて育てるやり方もある。オーストラリアでオーガニック農家の証明をとるには過去3年以上農薬を使っていない土壌であることとかたくさん細かな条件があるし、何より申請料とか更新料とかが高い。日本の農家同様、基本的に有機農家は国や行政からの補助がないから、ただでさえ利益が少ないのに小規模で無肥料でやってるとこなんかはオーガニックの証明書をとってる余裕なんてないわけで、だからうちのレストランに週一度むちゃくちゃおいしい野菜や果物を届けてくれるロビーさん農園も信頼関係と実際に味わえる「質」だけでここまでやっている。それくらい彼らの育てた野菜や果物はおいしい。

でもその判断て五感を大事にしていないとできない。目の前にある事実も、専門家が科学的な検証のもとに「これは体にいいのだ!いや悪いのだ!」って言ってくれないとなかなか自分の感覚を信用することができないっていうのは悲しいことだとわたしは思う。

専門家がどれだけ「証明」しようがロビーさんちのにんじんは水っぽくなくて味が詰まってて格別においしいのだ。

食べ物とか環境に関することのドキュメンタリーって私もよく観る。科学的な検証も使い方によっては決して悪いものではなくて、自然をもっと深く知ろうっていう行為でもあるわけだし、何事も疑ってみるのって大事だ。でも同時に自分の持つ直観とか五感とか感覚的なものって、包丁を研ぐみたいにちゃんとケアしていたいって思う。いやあの話はもしかしたらありのままの自分で魅せるのが一番ていうメッセージだったのかしら。ま、空がきれいだから考え事はこれくらいで。

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply